イシヤ堂のこだわり

昔ながらの製法にこだわった手作りキムチ・ナムル

弊社の商品は、素材にこだわり、タレから手作りした自社製のキムチとナムルです。
創業当初からの手作りで作り続ける白菜キムチは、白菜の葉一枚一枚丁寧に塩漬けします。キムチの味の決め手となる甘味の後に辛みがくるタレも自家製です。 火の通し方や水の切り方など、素材本来の味や良さを活かし、ビビンバだけでなく他の料理にもお使い頂けるナムルもございます。

常に最高のキムチ・ナムルをご家庭へお届けするため、季節ごとに新鮮な素材を選んでいます。
その季節に最も美味しい野菜を使ってキムチを作ることで、より美味しいキムチやナムルをお届けします。


製造工程

包丁で白菜の根元の部分のみに切れ目を入れ、その切れ目に手を入れて裂くように割っていきます。
カットが終わると、白菜を一枚一枚丁寧に手洗いしていきます。
カットされた白菜の葉の1枚ごとに、1つまみ程度の塩を塗ります。
葉の先端など薄い部分に塗ると辛くなりすぎてしまうので、ここでは葉の肉厚な白い部分だけに、指先で擦り込むように塩を塗ります。
キムチ製造特製の塩が使われます。
一日塩づけした白菜を水洗いします。
2度水洗いして、汚れをとり、余分な塩を洗い流します。
低温設定管理された冷蔵庫で冷やしながら約一日ねかせます。
塩漬けされた白菜は水分が出るので、ザルに移してしばらく置き、自然な状態で水分が切れるのを待ちます。
重要なのは、手で絞ったり重しを載せないこと。
水分は早く出ますが、一緒に白菜の旨味も逃げてしまいます。
白菜の葉の1枚ごとに特製キムチダレを塗り、具をはさんで白菜全体をまんべんなく手で揉みながら、また、表面を擦るようにして味を滲み込ませていきます。
漬け終わったら、味を馴染ませるため冷蔵庫で1~2日寝かせます。
※キムチダレは自社オリジナルで、唐辛子・塩・塩辛等から作られおり、具は大根・ニラ・にんじんを使用しています。
キムチ・ナムルの製造・販売・卸 イシヤ堂株式会社

お問い合わせフォーム

pagetop